WiMAXを比較してみたらこうなった!

wimaxとwimax2+を徹底比較

今話題の高速モバイル通信ですが、まだ使ってみたことがない方にはいまいちよく理解できない部分も多いのではないでしょうか。
特に、多くの方が疑問に感じていることが「wimaxとwimax2+を比較した場合、どう違うのか?」ということでしょう。
wimaxに2+が付いている方が後から登場している…このくらいのことなら簡単に想像できるかもしれませんが、実際に使うなら双方しっかり比較しておくことが大切ですね。

wimaxとwimax2+の速度を比較

wimaxとwimax2+を比較すると、まず大きな違いが通信速度です。
wimaxの通信速度が下り最大13.3Mbpsであるのに対して、wimax2+は下り最大220Mbpsです。
先ほど述べたとおり、wimaxが登場した後に出てきたのがwimax2+ですので、やはり2+がついている方が速度の比較では速いのです。

今の時代はwimax2+推し

現在、wimax陣営はwimax2+を更に使いやすくするために通常のwimaxのリソースをwimax2+の方に回しています。
以前wimaxは最高40Mbps出たのですが、2015年の春から順次13.3Mbpsに速度がダウン。
その代りwimax2+は110Mbpsだったのが220Mbpsという速度まで上がりました。

今はどのプロバイダでもwimax2+を推していますので、お得なキャンペーンが展開されているのもwimax2+の方。
両者を比較して分かるとおり、wimaxはすでに前世代のものであり、これからはwimax2+一択と言えます。

wimax2対応プロバイダのキャンペーンは以下を参考にしてください。

ran

 

wimax2+とLTE。高速無線通信のライバルをガチンコ比較

女性とパソコン

高速モバイル通信の二大勢力と言われ、よく比較されるのがwimax2+とLTEです。
なんとなく違いは分かるけど、説明しろと言われると難しい…このような方が多いのかもしれません。

wimax2+とLTEとで何が違うのか、しっかり比較しておくことはとても大切です。
よく比較した上で選ぶことで、つねに満足して使う事ができるからです。

まず、wimax2+とLTEとの比較では、提供しているキャリアが違います。
wimax2+はUQコミュニケーションズが提供しているサービスであり、LTEはワイモバイルと携帯電話会社に主に提供しています。

気になる通信速度を比較

imasia_10655213_S

では双方の速度を比較してみましょう。
まずwimax2+ですが、現在下り最大220Mbpsとなっています。
LTEを提供しているワイモバイルの場合、165Mbps、携帯キャリアではドコモが下り最大225Mbps、ソフトバンクでは112.5Mbps、auは100Mbpsです。

LTEはキャリアによって最大通信速度に差があるものの、wimax2+とLTEとの速度の比較ではそれほど変わらないと考えて良いかもしれません。
実際には、電波は環境に大きく影響されるため最大速度はまず出ないのであまり参考にしない方が良いでしょう。

注目すべきは今後ますます双方の通信速度争いが激しくなると予想されることです。
一方が速度アップを実現させれば、もう一方が必ず追いつき、追い越していく…といった状態が続くことが予測されるため、速度にばかりを比較して選ぶ必要はないと言ってよいでしょう。

通信制限を比較!

unlimited word on white keyboard

通信制限とは一日に一定のデータ量を使うと通信速度を落とされてしまうという事。
wimax2+の場合通信制限はないのですが、LTEの場合、この通信制限が最大のネックになります。
LTEの場合、一定のデータ量を超えると極端に通信速度を下げられてしまうのです。

この点は特にネットをヘビーに使う方には大きな比較ポイントです。
毎日、動画を沢山見るなら通信制限のないwimax2+を選びましょう。

エリアが広いのはどっち?!

imasia_15487997_S

続いて気になるのがエリアの比較です。
外出先で使う頻度が高い場合は特にエリアが広い方が嬉しいですね。
wimax2+とLTEとを比較すると、エリアが広いのはLTEではありますが、断言できるほどの違いはありません。
というのも、前世代のwimaxがLTEと同程度に広いエリアに対応しているからで、wimax2+とwimaxを併用する事が多いからです。

こうして比較すると、wimax2+とLTEとはさすがライバル同士。
カバーエリアはwimax2+単体と比較するとLTEに軍配が上がりますが、wimaxも入れるとさすがライバル同士だけあって大差はありません。

wimaxプロバイダのキャンペーンを比較する

wimaxプロバイダごとでさまざまなキャンペーンを展開しています。
せっかく契約するなら、お得なキャンペーンが付いているプロバイダを徹底的に比較しましょう。

gmolrank1_aGMOとくとくBB WiMAX2+

業界最安値の大人気プロバイダ。
GMOとくとくBBでは、ギガ放題を契約すると最大で27390円がキャッシュバッグされるというお得なキャンペーンを展開中です。

27390円。
これは他と比較しても相当に大きな金額です。
GMOとくとくBBでは、ギガ放題プランは4263円(税抜)が月額料金となっていますが、契約から3か月間は月3609円(税抜)で利用できます。

仮に月4000円として計算すると、27390円は6カ月分の月額料金を超える計算です。

キャッシュバックは契約から約1年後に口座に振り込みという形になるため、忘れたころにまとまった金額が入るので他と比較してかなりお得です。

さらに、キャンペーンの特典として、wimax事務手数料、端末代金、端末送料、GMOとくとくBB入会費がすべて無料なのも有利な比較ポイント。
端末は最新の4機種と据え置き型の1種類の中から自由に選べますし、GMOとくとくBBの公式サイトからすぐに申し込むことができるとメリット満載です。

tokuto

biglrank2_aビッグローブwimax
ビッグローブでは、WiMAX2+を継続利用する条件で、キャンペーンを展開しています。
特に比較の参考にしたいのが、Amazon「Fireタブレット」のHD7もしくはHD6のどちらか好きな方がもらえるという嬉しい特典です。

16GBのHD7は両面カメラ、高速プロセッサーと機能が充実していて、8GBのHD6はコンパクトサイズのダブレットで持ち運びに便利です。
どちらもWiMAX2+を快適に活用できる優れた端末ですので、契約と同時に無料で手に入るというのは大変お得です。
さらに、ビッグローブ公式サイトからキャンペーンに申し込んだ方で、1年間継続利用した方には2000円が進呈されます。
タブレットをすでに持っていたり、タブレットが不要という方には、タブレットプレゼントの代わりに15000円が進呈されます。
auスマホをご利用の方がビッグローブWiMAX2+を契約すると、auの月額料金が934円も値引きされるなど、特典がついています。

kosi

niftyrank3_anifty WiMAX2+

niftyでWiMAX2+サービスを契約するとキャッシュバックキャンペーンが適用されます。
気になるのがキャッシュバックの金額ですが、なんと20000円です!
下り最大220Mbpsという超高速通信での利用が可能なうえに、20000円もの金額がキャッシュバックされるというのは他との比較でもかなり優位です。

また、このキャンペーンでは、wimaxのモバイルルーターが1円で購入できます。
モバイルルーターの種類は3つあり、WX01クレードルセット、W01クレードルセット、NAD11クレードルセットの何れかから自由に選ぶことができます。
これらどのルーターを選んでも、購入代金はたったの1円のみで、さらに20000円のキャッシュバックがついきます。
さらに、ルーターの送料が無料で、利用登録月はWiMAX2+ギガ放題の利用料も無料。
2か月め、3ヶ月めは3420円、4ヶ月目から25カ月目までは4100円の利用となります。

nif

sonetSo-net モバイル wimax 2+

So-netでは「お得に体感キャンペーン」と題して、wimax 2+サービスを契約された方を対象に、選べる特典を用意しています。
ひとつめの特典が15000円のキャッシュバックで、もうひとつの特典がタブレットを格安料金でレンタルできるというものです。
キャッシュバック額ではGMOと比較すると若干劣ります。
すでにタブレットを持っていたり、タブレットは使わないという方は15000円のキャッシュバックを選べば良いですし、wimax 2+の利用と同時にタブレットもあると便利だと思う方は、もうひとつの特典を選ぶと特典の内容に大満足できますよ。
同じタブレット特典でも、ビッグローブはFireタブレットですから、よく比較検討した上で選びましょう。

気になるタブレットのレンタル料金は、iPad mini 2 を選んだ場合は、24カ月の間、月額料金が1,070円(税抜)割引になり、iPad Air 2やiPad mini 3などは24カ月の間、月額料金が850円割引されます。

どちらの場合も機器購入費やクレードルセットが無料になるため、初期費用を抑えてwimax 2+を利用することができます。

sonet

uqUQ wimax 2+

UQコミュニケーションズでは、wimax契約者に選べる2つのお得なキャンペーンを実施しています。
まずひとつめが、WX01、W01、URoad-Home2+、URoad-Stickのいずれかの機種を選んだ方には商品券3000円分プレゼントというキャンペーンです。
WX01は世界初の4×4MIMO対応機種の最新ルーターですので、高速通信を楽しめると同時に商品券までゲットできると大変魅力的なキャンペーンです。
もうひとつのキャンペーンがHWD15に申し込んだ方に商品券10000円分をプレゼントというものです。
他のプロバイダと比較すると割高感は否めませんが、大元のUQとの契約という安心感があります。
HWD15は3つの通信モードから選べ、連続使用時間は約11時間と充実した機能が魅力です。
UQコミュニケーションズのキャンペーンページからwimaxを契約した方だけに適用されるので、申し込みをする際は間違いのないようにしましょう。
どの機種がもっとも良いのか、用途をよく考え、比較した上で、満足いくルータを選びましょう。

uq

broadaBroad WiMAX2

Broad WiMAX2では「wimaxスタートキャンペーン」と題して、盛りだくさんの特典を提供しています。
まずひとつめの特典が、どの端末を選んでも代金が無料というものです。
端末の種類は全部で6種類です。
下り最大220Mbpsの高速通信が可能なWX01をはじめ、W01やURoad-Home2+など魅力的な機種が勢ぞろいしています。
ふたつめの特典が、もう1台初期費用割引キャンペーンです。こちらは家族や友人が2台目を契約する際に初期費用が10000円も割引きされるというもの。
3つめの特典がBroad WiMAX2のWEBフォームから申し込みをすると初期費用の5000円が割引されるというキャンペーンです。
初期費用が高いのが他のプロバイダより高いのがしょうz
wimaxを使ってみたい、でも端末の購入代金や初期費用が高くて無理と諦めている方には大変嬉しいキャンペーンです。

最新の機種を無料でゲットできるチャンスですので、検討されている方は大チャンスです!

bro

プロバイダ別wimax比較表

月額実質最高速度速度制限備考
GMOとくとくBB3,192円220Mbpsなし業界最安。速度制限もなしで最強
ビッグローブwimax3,739円220Mbpsなし15000円キャッシュバックor
Kindle Fire HDプレゼント
@nifty WiMAX2+3,335円220Mbpsなし20,000円のキャッシュバック
So-net wimax 2+3,822円220Mbpsなし15,000円のキャッシュバックor
iPadレンタル
Broad WiMAX24,157円220Mbpsなし初期費用18,857円
Tikiモバイル wimax 2+4,300円220Mbpsなし
PEPABO wimax3,609円220Mbpsありペパボグループのレンタルサーバー、フォトストレージなどが使える
UQ wimax4,411円220Mbpsなし
RaCoupon wimax3,483円220Mbpsなし
ASAHIネット wimax 2+3,700円220Mbpsなし月額利用料4カ月無料or
タブレット端末プレゼント
ヨドバシ4,504円220Mbpsなし

料金の比較にあたり、キャッシュバック額を引いて月額の実質料金を出しました。
キャンペーンは変更になる事が多いので公式サイトでしっかりと確認してください。

wimax2+、光、ADSL。それぞれのメリット、デメリット

新しい通信規格が続々と登場し、話題についていけない…という方も多いのではないでしょうか。
ここでは基本にかえって、wimax2+、光、ADSLを徹底的に比較しましょう。
比較してみる事で、あなたにとって本当に便利な通信方法がはっきり見えてくることでしょう。

wimax2+のメリットとデメリット

wimax2+のメリットは、いつでもどこでも通信が可能という点でしょう。
また、光やADSLと比較すると工事や配線が不要で簡単な初期設定ですぐに利用ができます。
手軽にネットが使える!これこそがwimax2+の最大のメリットです。
また通信速度が徐々に早くなっていて、今は下り最大で220Mbpsを実現していますが、今後ますます早くなることが予想されます。
デメリットは電波が届かない場所があるという点です。
日本全国どこでも使えるというのが理想ですが、そこまではまだ到達していません。
そのため、wimax2+の利用を検討中の方は、利用可能エリアかどうかを確認することが大切です。

光のメリットとデメリット

光のメリットは何と言っても通信速度の速さと安定感でしょう。
電波に左右されることがなくつねに安定していること、さらにはフレッツ光ギガタイプの場合は約1Gbpsもの速度が出ます。
このスピードと安定感は他の通信規格との比較でも圧倒的です。

光のデメリットは費用がかかることです。
利用するためには工事が必要で、工事費が発生しますし、月額料金も高めです。

ADSLのメリットとデメリット

ADSLのメリットは料金の安さです。
安ければ安いほど良い、あまりネットは使わない…このような方はADSLでも満足できることでしょう。
デメリットが速度が遅いことです。
NTT基地局との距離が近いと比較的速いスピードが出ますが、離れていると便利に使えるとは言い難い状況になってしまいます。

どれが便利に使えるか考えよう

このように3種3様、メリットとデメリットがあります。
しかし、「新しく登場したものはより便利」というのは、モバイル通信の世界だけでなくどの分野でも同じです。
最新情報に注目しつつ、予算や用途に応じてどれがもっとも良いかしっかりと比較する良いでしょう。

人気のwimaxモバイルルーターの特長を比較

Speed Wi-Fi NEXT W01

wSpeed Wi-Fi NEXT W01の魅力はずばり、下り最大220Mbpsの通信速度を実現していることです。
wimax史上初となる最大220Mbpsという超高速通信、ぜひ体感してみたい!と考えている方はたくさんいるはずです。
通常のwimax2+が110Mbpsですから比較すると2倍の速度という事になります。
HWD15などのルーターと比べると速度が倍なのが最大のメリットです。

しかし、Speed Wi-Fi NEXT W01の魅力は速度だけではありません。
操作性に優れていて、直観的な操作で初心者でも簡単に操作できますし、約5秒のクイック起動で使いたい時にすぐに繋がるとメリットが満載です。
wimax2+とau4GLTEを切り替えて自由に使う事ができるため、wimax2+対応のエリア外であってもau4GLTEに切り替えれば便利に使えるという状況もあるはずです。

別売りのクレードルがあれば、有線LAN接続をして安定した速度を出せる自宅回線に早変わり。
用途に応じて便利に使える機能が充実しています。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX01

necSpeed Wi-Fi NEXT WX01は世界初となる4×4MIMO技術を搭載しているルーターである点が他との比較で最大の魅力です。

4×4MIMOとは、データ基地局とルータそれぞれに4本のアンテナが搭載されているもの。
この複数のアンテナによって下り最大220Mbpsという高速通信が可能になっています。
さらに、wimax2+とwimaxどちらも利用できるため、wimax2+を利用できないエリアではwimaxに切り替えれば問題なくモバイル通信が可能となります。
さらにテザリングが可能で、スマホに専用アプリをダウンロードすればリモート操作もできると、便利な機能が盛りだくさんです。

カラーは光沢のあるホワイトとブルーの2色で、男性にも女性にもよく似合うカラーで、質量97gと大変軽くどこでも便利に持ち運べます。

Wi-Fi WALKER wimax 2+ HWD15

uwWi-Fi WALKER wimax 2+ HWD15は、通信モードを3タイプから選ぶことができます。
wimaxで通信できるノーリミットモード、wimaxとwimax2+を切り替えて使えるハイスピードモード、wimax2+とau4GLTEを切り替えて使えるハイスピードプラスエリアモードの3タイプです。
最新のキャリアアグリゲーション対応ルーターとの比較では、最大速度がどうしても劣りますが、3つの通信モードを使えるのはこのルーター以外ありません。
使い勝手の良いモードを自由に選ぶことができるため、どなたでも便利に使う事ができます。

本体は2.4インチの大画面でカラータッチパネル搭載と操作性も抜群です。
スマホでの給電が可能で、充電切れのトラブルも回避でき、約5秒のクイック起動でいつでも快適に利用できます。
高機能のため他の機種より大き目ですが、繋がらない不安がないのはやはり魅力です。
別売りのクレードがあれば有線LAN接続も可能ですので自宅回線としても存分に活用できます。
カラーは光沢のあるレッドとホワイト。クレードルに設置すると常時時計表示になるためインテリアとしても最適です。

URoad-Home2+

uwaURoad-Home2+は据え置き型のホームルーターです。
ネット回線の利用は自宅が主という方にお勧めのルーターです。
光回線のように工事は必要ありませんし、ルーターが届けば簡単な初期設定をするだけで良いので、すぐに使いたいという方にお勧めです。

最大同時接続数は約18台。
通常のモバイルルーターは最大同時接続数が10台前後ですから、比較すると倍近いデバイスが同時に繋がります。

有線LANは2台、無線LANは16台まで接続できるのでご家族全員でネット回線を使っても十分に対応できますね。
wimax2+とwimax(ハイパワー)に対応しているため、切り替えていつでも快適な通信が可能です。
最大速度は110Mbpsで、キャリアアグリゲーション対応端末と比較すると遅いですが、そもそも速度は環境に大きく左右されるので、気になる程ではありません。
しっかりとしたアンテナが2本設置されているので、電波が届きにくいと言われるビルの中や建物の奥も自宅回線としてしっかり機能してくれます。
寸法は約140×170×53mmとコンパクトながらも安定した速度を出せるホームルーターです。

wimax対応ルーター徹底比較表

ルーターによって対応している回線が異なります。
対応している回線に●がついているのでルーターを比較する際の参考にしてください。

ルーター名最大速度wimax2+wimaxLTE重さ(約)WiMAX2+連続使用時間(最大)
Speed Wi-Fi NEXT WX01
220Mbps
2
97g
3
約8時間30分
Speed Wi-Fi NEXT W01
220Mbps
3
113g
4
約8時間
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15
110Mbps
4
140g
1
約11時間
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11110Mbps
1
81g
5
約7時間
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14110Mbps
4
140g
2
約9時間30分
URoad-Home2+
110Mbps
5
311g
0
ACアダプタのみ
URoad-Stick110Mbps
0
18g
0
USB

 

wimaxとは?

Worldwide Interoperability for Microwave Access のことです。
無線通信の技術として、近年そのアクセス網が拡大されています。wimaxは、有線を利用しないので、設置が簡単なのが最大の特徴です。
インターネットを利用するために、賃貸住宅で有線を引く工事で壁を傷つけるなどの心配もなく、光回線などと比較すると、引っ越してもすぐに使えるというメリットも大きいといえます。
配線がないので部屋もすっきりします。
光回線と比較すると、確かに速度的には劣りますが、普通の人がネットを楽しむには十分すぎる程高速なのです。
最近は通常のwimaxより高速なWiMAX2+の回線も出てきました。
WiMAX2+は下り最大220Mbpsとより高速で、有線と比較しても非常に高速なのが分かります。
LTEとの比較でもwimax2+の登場によってもはや速度的な差はほとんどなくなりました。
また、ノートパソコンやタブレット端末を利用して外出先でも、自宅でも、定額料金で簡単にインターネットができるので、wimaxへの需要が高まっています。
wimaxの通信速度は、部屋の奥では下がってしまう場合がありますが、遮蔽物のない場所では、他の無線通信よりも優れた効果を現します。
更に、複数の端末を簡単に同時に利用できるのも、有線通信と比較して優れている点です。
有線では、無線ルータを購入するコストと無線ルータ接続の手間がかかってしまうからです。
海外(現在はアメリカと韓国)でも利用できるWORLD wimaxというサービスがあり、海外出張や旅行などで簡単にPCをインターネットに接続できるのも、wimaxのメリットです。
日本国内でも、主要なプロバイダがwimaxに対応しています。
サブコンテンツ

このページの先頭へ