WIMAXを使用して1年が過ぎました。

私は引っ越しを機に、WIMAXに乗り換えた1人です。
最初は「本当に繋がるのだろうか?」と疑心暗鬼でしたが、その不安もすぐに吹き飛んでしまいました。
実際、私はネットで仕事をしているのですが、何の問題もなくサクサク使いこなすことができています。
確かにWIMAXの性能に惚れこんだ経緯はあったといえ…ここまで安定した通信環境を提供してくれるとは想像だにしていませんでした。
そういう意味では、嬉しい悲鳴だといえます。
しかも月額3.880円で、いつでもどこでも何時間でも使い放題…
今、私は知人にもガンガン紹介しています。
こんなに利便性が良い通信機器を、1人隠れて使うのも勿体ないから…。
とにかく、乗り換えない理由が見つからない…それがWIMAXです。

Wimax開発の背景

WiFiは、公共のホテルや娯楽施設などで、よく目にするようになりました。
通信距離が限られていますので、腰を据えてパソコンで業務をするときなどに十分な活用ができます。
ですが、新幹線移動などでは、WiFiがなければ通信が困難になることでしょう。
このような不便さを無くす上でWiMaxが開発されたにちがいありません。
通信媒体、ルーター、接続コネクターのセットが不要であれば、インターネット活用の幅が大きく広がります。
通信速度は他の接続媒体以上となっており、5年程前で遡った通信速度とは比較にならない程のスピードになっています。
WiMaxには様々な可能性があります。
社会的にもとても役立つものだと言えそうですね。