UQ WiMAXの特長

uqWiMAXと言えば、UQ WiMAXは人気のがありますよね。

下り最大110Mbpsの超速を誇るWiMAX2+をUQ WiMAXで申し込むと、どのような特典があるかをご紹介しましょう。

11月21日~12月25日のキャンペーン期間中、「UQ Flatツープラス」又は「UQ Flatツープラスauスマホ割(2年/4年)」の契約をすると、商品券3,000円とブルーガチャムクフリースブランケットが貰えます!
(ただし、インターネットの本キャンペーンについてのページから申し込まないと適用されませんので注意を。)

WiMAX2+に対応する機器は3種類。
NAD11はわずか8.2mmで業界最薄ボディです。
白と黒に加え、新色のレッドが登場しています。
HWD15はタッチパネルで使いやすさが魅力。
NAD11との大きな違いはWiMAX2+とWiMAXだけでなく、au 4G LTEにも対応していることです。
WiMAXサービスエリア外でも使いたいなら、HWD15がオススメです。
NAD11もHWD15も、WiMAXハイパワーに対応しています。
WiMAXハイパワーとは、WiMAX通信の送受信能力が向上してつながりやすくなるという機能です。
最後はHWD14です。
HWD14はWiMAXハイパワーには対応していませんが、HWD15と同じくタッチパネルで、WiMAX2+・WiMAX・au 4G LTEと、3つのネットワークが選べます。

WiMAX2+のメリットとは?

WiMAX2+のメリットは速いというだけではありません。
課金開始月から最大25ヶ月、通信速度制限の実施がありません。
だから無制限で超速ネット通信ができるんです。
ただし、LTE対応機種の場合はハイスピードプラスエリアモードで月間7GBを超えて通信速度制限が適用されると、WiMAX2+も制限の対象になります。
また、2015年4月以降は直近3日間の通信量がWiMAX2+とau 4G LTEで1GBを超える場合、WiMAX2+においても終日通信制限の対象になる可能性があります。
WiMAX2+が通信制限の対象になったとしても、WiMAXは速度制限を気にすることなく使い放題です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ