islink wimaxの特長

islネット回線に詳しい人が今後、大きく伸びると口を揃えて言うワイマックス。
そのメリットは価格が安く、しかも広いエリアで使えること。
それに高速通信が可能なことなど、いくつかあります。
特に高速通信という点ではモバイル通信の中でも特筆すべき速さを持っています。
これだけのメリットがあるわけですから、皆が、普及すると断言するのもわかります。
そうしたワイマックス通信サービスを提供している会社は複数ありますが、その中にislink wimaxがあります。
islink wimaxは神戸に本社がある光コミュニケーションズ株式会社が運営するワイマックス通信サービスです。
会社の社名からわかると思いますが、通信回線のコンサルティングなどを行う会社です。

選べる3つの通信モード

このislink wimaxは3つの通信モードを選ぶことができます。
一つはノーリミテッドモードで、これはWiMAXを使うもので速度制限はありません。
WiMAXの通信速度は理論値になりますが、下りで最大速度110Mbpsが出ます。
二つ目はハイスピードモードで、これはWiMAXとWiMAX 2+を使います。
WiMAX 2+は別名、超速とも呼ばれるように、下りは最大速度110Mbpsもの速さとなります。
今、モバイル系では最も注目されている通信サービスがこのWiMAX 2+と言って良いでしょう。
三つ目はハイスピードプラスエリアモードで、このモードではWiMAX 2+とau 4G LTEが使えます。
au 4G LTEはエリアによって、通信速度が変わります。
またこのモードでは月に1005円のオプション料金が別途、必要になります。
料金は月額2800円のバリュープランと月額3592円のベーシックプランがあります。
ベーシックプランの場合、端末代金が無料で使えますが、バリュープランの場合、9500円がかかります。
どちらにするか、総合的に考えて判断しましょう。
他に契約事務手数料が3000円かかります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ