wimax端末をベランダに設置して速度UP!

imasia_13932238_S

室内で電波が弱いと感じたときは?

室内でwimaxを利用していると、ネットの接続が突然遅くなったり、途切れてしまうことがあります。
ネット環境が不安定な場合、電波が弱い可能性があります。
wimaxの場合、高周波帯で電波を活用していますので、壁などの障害ブチがあるとすぐに遮断されてしまうのです。
これによって、室内でのネット環境が悪くなり不便さを感じるようなります。
電波が弱い場合、幅を広げてあげることで速度を早めることができます。

方法はいくつかありますが、屋外にアンテナを付けることで多くの場合改善します。
ただ、
住んでいる環境によって様々な危険性が伴ってきますので、正しい知識の元で安全性を確保した状態で設置をしましょう。

wimaxを屋外に設置してみよう

持ち家の屋外にwimaxを設置するのは簡単ですが、アパートやマンションの場合、特に上層階に住んでいる方は落下の危険性があるため、十分に注意する必要があります。
雨が降っている時や風邪が強い日は特に気をつけるようにしましょう。

設置方法は、カゴやボールの中にwimaxをいれて吊るすだけと簡単な仕組みになっています。
100円均一で材料を購入することができますので、費用をかけずに電波状況を快適にすることができます。
もし室内での電波状況に不満を感じた時には、ぜひ制作をして試してみてください。

設置をする際の注意点

wimaxを屋外に設置する際に、落下するのが不安だという場合には、ラップなどを利用して固定してあげるといいでしょう。
この時、雨よけのないところに設置をすると雨に濡れてしまう可能性があり、wimaxが壊れてしまいます。
できるだけ雨よけのある場所に設置し、濡れないような対策をしましょう。
そして、一番大切なことはwimaxは基地局の方に向けて設置をすることです。

基地局に向けることで、電波が強くなるためよりいいネット環境を作りあげることができます。
ただし、この方法は自宅でいか行うことができません。
旅行先、外出先ではあまり利用できない方法となります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ