wimaxのセキュリティは大丈夫?傍受される可能性は?

imasia_15431412_S

WiMAXのセキュリティについて

どこでもインターネットを利用できるWiMAXは、無線接続でネット環境を整えることができる便利なアイテムです。
しかし、便利なだけにセキュリティに不安を感じている人も多いです。
有線であれば、自宅でしか利用しない為セキュリティ強化をすることができますが、無線と聞くとセキュリティがどうなっているのかがわかりにくい為、不安を抱えてしまいます。

一般的に無線は、情報の盗難が有線よりも多いと言われています。
こうした情報があると、利用するのをやめようと思うかもしれませんが、WiMAXの場合AESで管理されているので安心して利用できます。

WiMAXでのやりとりは暗号化されている

WiMAXを通じてのやり取りはAESが採用され、全て暗号化されているのです。
この暗号化技術は脆弱性と言われていますが、実際に解読するには長い年月が必要となるため、解読は無理とされています。
更に、WiMAXはそれぞれの端末にIDとパスワードが与えられています。
これらの情報が分からなければ、情報の流出の心配は一切必要ありません。
AESは、通信を傍受の危険も回避することができます。

情報が流れていなくても、通信を傍受されてしまうとIDやパスワードを取られてしまいます。
WiMAXはAESの採用によって、しっかり守っているのえ安心できます。

パスワードはローマ字と数字を組み合わせよう

WiMAXのセキュリティは非常に優れているため情報を簡単に取られる心配はありません。
ただ、AES採用しているからと言ってパスワードを簡易的なものにするとせっかくのセキュリティが台無しになってしまいます。

AESのパスワードは8~63桁までとなっているため、単純な数字や覚えやすいローマ字にするのではなく、ローマ字と数字を混ぜ合わせたできるだけ長いパスワードを設定しましょう。
もし、簡単なパスワードにして盗まれてしまった場合、元に戻すことができなくなる可能があるので、パスワードの決め方には注意が必要です。
そして、あまりにも複雑にして忘れたということのないように管理もしっかり行いましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ