3つの通信モードで死角なしをめざすならこのルーター

HWD15_5_597×392

ノーリミットモード

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15に搭載されている3つのモードの一つでもある「ノーリミットモード」は、文字通り制限のないモードです。

接続はWiMAX接続となるため、その他のモードに比べると通信速度が遅いという難点がありますが、制限が掛らないのでネットワークは使い放題になります。

動画は再生する時に大量のデータ通信を行いますが、ノーリミットモードであればそういったデータ量も気になりません。動画の視聴を頻繁に行う方にオススメです。

ハイスピードモード

「ハイスピードモード」は、下りが最大110Mbpsの高速通信を可能にするモードです。
WiMAX接続とWiMAX2+接続の二つの方法が可能です。

ノーリミットモードに比べて制限などが気になりますが、加入から2年間の間は速度制限が掛らないという大きなメリットがあります。
早い通信速度ですので、リアルタイムで行うオンラインゲームの使用にも適していると言えます。
購入時から2年間は、基本的にこのハイスピードモードにしておきましょう。

ハイスピードプラスエリアモード

以上の2つのモードよりもさらに高速通信が可能になるという「ハイスピードプラスエリアモード」。
7GB以上の利用で制限が掛りますが、WiMAX2+に加えてauの4GLTE(800MHz)が利用できるというのが最大の魅力。

ハイスピードモードプラスエリアモードに切り替えると、その月に1,055円の別途料金が発生します。

ストレスのない快適な通信環境をお求めの方は、ルーターの設定を変更するだけですぐに利用ができます。

実質通信制限のないという強み

以上の3つのモードは、他社のルーターに比べてモードの変更ができるという大きなメリットがあります。
そのため、その時のニーズに合わせてモード変更が行うことができるので利便性が非常に高いと言えます。

2年間通信制限のないハイスピードモード、7GBを超えなければ通信制限のかからないハイスピードプラスエリアモード、そして無制限で使えるノーリミットモード。ハイスピードとノーリミットのみを使っていれば通信制限のストレスに悩むことはほぼ無いと言っても良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ