プロバイダの契約。なぜ2年契約がメインなのか?

imasia_12883952_S

プロバイダ会社が2年契約を推奨する理由

インターネットのプロバイダの契約をする際、なぜどこの会社も2年契約を推奨しているのだろうと疑問に思ったことはありませんか?
プロバイダ会社のほとんどが2年契約で○○割引きや、○○円のキャッシュバックなどの「2年契約キャンペーン」を実施しています。

ここでは、なぜプロバイダの契約は2年契約がメインなのか、2年契約を守らず契約解除をした場合の違約金はなぜ発生するのかをご説明いたします。

継続使用によって発生すえう割引キャンペーン

2年契約でプロバイダを契約してもらうことにより、プロバイダ会社には2年間継続してお客様がつく、ということになります。
2年の間、お客様の囲い込みをさせてもらう代わりに、契約料金の割引きやキャッシュバックを行う、という約束を交わすことになるのです。

その為、2年に満たない期間での契約解除をする場合には、違約金が発生してしまうケースがあります。

これは、プロバイダ側はお客様が欲しい、プロバイダを利用するお客様は少しでも安い価格でプロバイダを利用したい、というお互いの利害が一致したことにより発生した契約をお客様側が違反をしたということになりますので、違約金が発生してしまうのです。

2年未満の利用予定なら違約金の発生しない会社へ

プロバイダの契約をする際には、数ヶ月の契約や1年の契約をするよりも2年間の契約をしたほうが使用料金が安くなることが多いです。
しかし、安さだけに惹かれて安易に2年間契約をしてしまうと、2年未満で解約をしたいと思った際に違約金が発生してしまいます。

プロバイダ会社の中には、いつ解約しても違約金が発生しない会社もありますので、2年使用することがないかもしれないと自分で思った場合には、そのような会社でプロバイダの契約をすることをオススメします。

2年契約の割引やサービスを最大限に利用して

ただ、プロバイダはネット環境があれば例え引越しなどをしたとしても継続して使用することができます。
自宅でPCを使うことがなくなったという場合であれば解約することもあるかもしれませんが、基本的には解約することはほぼ無いと言っても良いでしょう。

2年以内で解約することは無い、という人は2年契約の料金の安さやサービスの充実を見比べ、最大限に利用し、自分にピッタリなプロバイダ会社を見つけてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ