AtermWM3800Rの特長

at

小さくて軽いのに高速通信が可能なAtermWM3800R

wimaxのみに対応しているAtermWM3800Rは、現在は生産が終了している製品です。
特に屋外では通信速度が上がり、外出先でも気軽にデータ通信を行うことができます。

AtermWM3800Rのサイズと重さは縦に52mm、横に約90mm、重さはわずか80gという軽量かつコンパクトな設計となっています。そのため、小さな鞄に入れてもスペースを取ることがなく、持ち運びも非常に便利です。

クレードルを使用することで有線LAN接続も可能

AtermWM3800Rの魅力は無線LAN接続だけでなく、有線LAN接続が可能というところです。
AtermWM3800Rを有線LANとして使用をする場合には、別途クレードルを購入する必要があります。
本体のサイドにはUSBポートとクレードルポートがあり、ここにクレードルを挿入してUSB接続をすることで有線LAN接続ができるようになります。
動画などの視聴も不便なく楽しむことができるでしょう。

連続動作時間は8時間

小型な設計ではあるものの、連続で使用できる時間は大体8時間となっています。
あまりデータ通信を頻繁に行わないような外出時であればあまり気になりません。

万が一のバッテリー切れに備えて、USBモバイルバッテリーなどを携帯しておくと便利です。

また、待機時間は最大約250時間となっており、使用しない間のバッテリー消耗が激しくない点は嬉しいポイントです。
長押し含めた6秒で素早く起動することができるため、起動までの遅さもストレスに感じることがありません。

AtermWM3800Rについての口コミ

AtermWM3800Rを実際に利用している方の口コミを集めてみました。

・軽さと小ささでは携帯するのにとても便利。
・クレードルを使用することにより、有線LAN機器との接続が可能で嬉しい
・何よりトラブルなく使用できたので好印象です。
・タブレットやパソコンにはすぐ繋がる。

軽量でコンパクトな分、持ち運びと利用がしやすいというメリットが評価されることが多かったです。
AtermWM3800Rを有線LAN接続にして、メイン回線としても利用している方もいらっしゃるようです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ